減災グッズ展Vol.4 『パーソナリティ×減災 個々人にとって必要な備えを探求しよう!』

減災グッズ展vol.4 パーソナリティ×減災
個々人にとって必要な備えを探求しよう!
関連イベント
『本当に必要な減災用品とは?
パーソナルな減災用品について考えるワークショップ』

イベント名称:

『本当に必要な減災用品とは?
パーソナルな減災用品について考えるワークショップ』

イベント概要:

高齢者・障害者・妊産婦・乳幼児・外国人などのいわゆる災害時要援護者にとって、非常時に具体的にどのような備えが必要になるのでしょうか。防災用品を開発・販売する 企業等による製品特徴のプレゼンテーションを通し、いまどのような防災・減災用品があり、それはどのように活用することで効果が得られるのかといった知見を共有するとともに、備えをあらゆる方々に普及する上で必要な視点・発想や行動について、参加いただくみなさまと共に考えます。

今回は、現在、人と防災未来センターで開催中の企画展 『減災グッズ展vol.4『パーソナリティ×減災 個々人にとって必要な備えを探求しよう!』にちなんでの開催とし、この展示で紹介されている製品の中から選抜されたアイテムを各企業・ 製品提供者等のプレゼンテーションを交えて紹介します。また参加のみなさまで、個別のテーマ・シチュエーションによってさまざまに必要となる防災・減災用品の情報と備えの視点を共有し、日頃からどのような取り組みが必要であるかについて等の考察を深めます。

この催しは人と防災未来センター企画と、防災企業連合 関西そなえ隊との コラボレーションによる共催事業として行います。

ぜひ、ご参加ください!

チラシはこちらをクリック

プログラム:

【第1部】

高齢者・障害者・妊産婦・乳幼児・外国人など、テーマ・対象毎における災害時に直面する課題や備えのポイントについて、減災グッズ展出展企業による具体的なアイテムの紹介を踏まえながら学びます。

【第2部】

参加者同士が関心のあるテーマでのグループワークを通して意見交換を行い、必要なアイテムや備え方、新しい製品のアイデアなどを出し合い、今後の各自・各テーマごとの備え方や、減災用品のあり方・目指すべきこと等について考察を深めます。

日時:

2016年(平成28年)2月24日(水)14:00~17:00

会場:

人と防災未来センター東館4階

兵庫県立大学防災教育研究センター大会議室

(最寄り駅:JR神戸線灘駅、阪神電鉄岩屋駅)

【アクセス】http://www.dri.ne.jp/access

対象:

一般および防災関連企業

定員:

50 名・先着順(要事前申込)

参加費:

無料

※ぜひ、事前に関連の企画展をご覧ください。ただし人と防災未来センター観覧ゾーンへの入館料金(大人600円)が必要となります。ご了承ください。

※懇親会について

終了後、近隣の飲食店にて懇親会を行います。(任意参加・参加費:3,500円)

会場予約のため、お申し込み時にあらかじめ参加ご意向をお伝えください。

参加申し込み:

※ウェブサイト・メールでのお申し込みが困難な方に限り、お電話での申し込みをお受け致します。

080ー4640ー0214  受付時間:平日10:00~16:00

(時間内外ともに留守電となりました際には簡潔にお名前・ご意向をお伝えください。折り返しご返信差し上げます。また番号非表示となる着信には応答いたしません。あらかじめご了承ください。)

主催:

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター

協力:

各出展企業、兵庫県立大学防災教育研究センター、防災企業連合関西そなえ隊、減災デザイン・プロジェクト