ひとぼうSpecialEvent

10/6(火)受付開始!

イベント概要

今春からスタートしたひとぼう壁面のライトアップはこの度、西館壁面全4面に拡張します。これにあわせて、お披露目を兼ねたスペシャルイベントを行います。阪神・淡路大震災当時、神戸でロケが行われた映画『男はつらいよ 寅次郎紅の花』の上映会とライトアップセレモニー、そして災害食の試食会。ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください!

HAT神戸に位置する人と防災未来センター。荘厳かつ暖かな雰囲気を醸し出すこのライトアップをシンボルに、復興まちづくりの精神を次世代に伝え、地域コミュニティの活性化につなげます。

  • 15:30~17:20 震災関連映画上映会 会場:東館1階こころのシアター
  • 17:30~17:45 点灯セレモニー 会場:西館 南東側の屋外広場
  • 17:50~18:30 レストラン新上海のお試しメニュー&災害食試食会

チラシはこちらよりダウンロードいただけます。

15:30~事前申込み・先着順
「男はつらいよ」震災関連映画上映会

会場:東館 1 階こころのシアター

特別上映作品『男はつらいよ 寅次郎 紅の花』 (上映時間約 110 分)

阪神・淡路大震災が起きた平成 7 年に、神戸市長田区のまちでロケが行われた作品。復興に向かう当時の街並みが映り込むとともに、人情に厚い寅さんの生き様につながるキーポイントとして震災のあった神戸が描かれています。同年 12 月公開。「男はつらいよ」シリーズ最終作(第 48 作)。 20 年の刻を経た今、当時の空気を改めて新鮮に感じ取ってみてください。

『男はつらいよ 寅次郎 紅の花』【あらすじ】

阪神淡路大震災の直前、神戸から連絡があって以来、寅さんは音信不通。みんなが心配する中、震災後のテレビ番組にボランティアをする寅さんの姿が映る・・・。一方、満男(吉岡秀隆)は、思いを寄せる泉(後藤久美子)が結婚するという報告にショックを受け、失意の旅に出る。旅先の奄美大島で出会った女性はなんと寅さんのマドンナ、リリー(浅丘ルリ子)で・・・。

さくら(倍賞千恵子)が夢見た寅さんとリリーの結婚は、現実のものとなるのか? そして泉と満男の関係は? 二つの恋の行方が、描かれてゆく。

この作品は渥美清の遺作となり、震災当時に阪神淡路大震災の被災地に立つ寅さんの「皆様、本当にご苦労様でした」という言葉は、俳優・渥美清の最期の台詞となった。

17:30~当日ご参加ください!
点灯セレモニー

会場:西館 南東側の屋外広場

ひとぼう西館の全面点灯を開始するセレモニーを行います。この日のための特別演出プログラムでのライトアップを様々な角度からご堪能ください

17:50~当日17:00~参加券配布
お試しメニュー&災害食 試食会

会場:東館 1F レストラン新上海

人と防災未来センター内の中華レストラン「新上海」のから揚げ・ミニ豚バラ丼と、災害食のアルファ化米をご試食いただけます。おいしく味わって、いざという時の備えにつなげましょう!

お申し込み

●『男はつらいよ 寅次郎紅の花』映画上映会

要事前申込み。【10 月 6 日(火)受付開始】

WEBの場合は、以下の「お申し込みフォーム」より、FAXの場合は、チラシ裏面のフォームにご記入の上お申し込みください。

定員 80名・先着順

お申し込みフォーム

※お申し込みは終了致しました。

●ライトアップセレモニー および 試食会

事前お申込み不要。当日セレモニー会場にお集りください。

当日 17:00 より東館レストラン「新上海」前にて 「試食会参加券」(80 名・先着順)を配布します。

※ おひとり1枚とさせていただきます。枚数には限りがあります。

(映画上映会にご参加の方には、映画上映時に試食会参加券をお配りします。)

会場へのアクセス

阪神電鉄「岩屋」駅、「春日野道」駅から約10分

JR「灘」駅南口から徒歩12分

阪急電鉄「王子公園」駅から徒歩約20分

人と防災未来センター周辺地図
Copyright © 2009 - 2015 ひとぼう未来サークル All rights reserved.